カテゴリ:Turkey( 48 )
イスタンブール  旅の終わりのワイルド床屋
b0061717_13545481.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

帰国間際、ホテル近くの理髪店、その名も「AYA SOFYA」でサッパリ。
にしてもエディルネ門で出会ったおやっさん(→130923_00:27記事)に似てるなぁ。

これにて8月のトルコ編、おしまいです。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-25 23:49 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  エジプシャン・バザールにて
b0061717_1354960.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-25 01:09 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  今も残るギリシア人の痕跡
b0061717_13523910.jpg
EOS60D / EF40mmF2.8STM (Istanbul, 2013.8)

下町フェネルに、廃墟と化したギリシア正教徒の邸宅(教会?)が残されていました。

b0061717_13524745.jpg
EOS60D / EF40mmF2.8STM (Istanbul, 2013.8)

いったい何を以てヨーロッパと呼び、何を以てアジアとするのか。そんなテーマを突きつけられる旅でもありました。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-25 01:04 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  下町フェネルの子どもたち
b0061717_1351226.jpg

EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

今回の旅で歩いた中では、この界隈が最も下町らしい、歩き甲斐のある一角でした。アジアの果ての北千住といった趣です。

b0061717_13511475.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

トルコ行脚はもう少々続きます。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-25 00:56 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  モンゴルの聖マリア教会
b0061717_1348431.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

13世紀、ビザンツ皇帝の娘マリアは政略結婚によりイル・ハン国(今日のイランにおけるモンゴル人政権)の王、フラグ・ハン(チンギス・ハンの孫に当たる)のもとへ嫁いだ。しかし到着を間近にしてフラグ・ハンは他界、やむなく彼女は王子アバガ・ハンの妻となった。

b0061717_13492579.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

マリアはその後十数年間をイル・ハン国の宮廷で過ごすも、夫であるアバガ・ハンがあろうことかその弟に殺されたため、未亡人となってしまう。コンスタンティノープルに戻ったマリアに皇帝は強く再婚を勧めたが、彼女はこれを拒み、「神の聖なる母教会」に隠遁して余生を送ったという。
マリアの足跡により、この教会は「モンゴルの聖マリア教会」と称されるようになった。

b0061717_13493764.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

教会はフェネルと呼ばれる下町の坂上に位置しており、長らくギリシア人学校として使われている。メフメト2世によるコンスタンティノープル攻略後も、この一帯はギリシア人の居住、信仰が認められてきたのである。但し周辺には地震によるものか老朽化によるものか、崩れかけた家も散在しており、経済的に豊かな地域とは言い難いようだ。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-25 00:34 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  聖ステファン教会、今も残るブルガリア人の礎
b0061717_1348144.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

聖ステファン教会は1871年、ブルガリア正教会がギリシア正教会から分離を果たし建立されたものである。
また優美な外壁は、鋳鉄製だという。

この地に暮らすブルガリア系住民はどのような思いで教会を見つめているのだろうか。
訪れた際は修復工事中であり、人の気配は全くなかった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-23 01:23 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  聖ゲオルギオス大聖堂に残る双頭の鷲
b0061717_13472293.jpg
EOS60D / EF40mmF2.8STM (Istanbul, 2013.8)

双頭の鷲は東ローマ帝国の紋章である。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-23 01:03 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  エディルネ門、征服王の入城を見つめた城門
b0061717_13462522.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

エディルネ門は1453年、コンスタンティノープルを攻略したオスマン皇帝メフメト2世が入城を果たした城門である。イスタンブール郊外には、今尚ローマ時代から続く城壁が数多く残されている。

b0061717_13463323.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

トルコ史にその名を刻んだエディルネ門だが、一般の人びとの関心はさほど高くはないようだ。門の市街地側はバスの発着場として使われており、観光客の姿は見えなかった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-23 00:27 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  ハイダルパシャ駅の黄昏
b0061717_13453531.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

トルコ国鉄アジア側ターミナルであるハイダルパシャ駅は、20世紀初頭、ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世より贈られた駅舎として知られている。世に言う3B政策の一環として建設されたものだが、壮麗な外観は政治的なきな臭さを忘れさせるに十分だ。
尚、現段階では長距離列車の運行は行われておらず、隣駅がその役割を担っている。

b0061717_13454170.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

眼前にはボスポラス海峡に面した港が広がる(右手の建物が駅)。
ヨーロッパサイドに戻るフェリーが出航する頃、ハイダルパシャ駅は夕闇に包まれていった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-17 22:39 | Turkey | Trackback | Comments(0)
イスタンブール  ヨーロッパからアジアへ
b0061717_13423233.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

ヨーロッパサイドからアジアサイドへ渡る船上にて。
彼方にガラタ塔(→130825_14:24記事)が見える。

b0061717_13424013.jpg
EOS60D / EF24mmF2.8 IS USM (Istanbul, 2013.8)

ウズベキスタン人のおばあさんと孫。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2013-09-17 01:11 | Turkey | Trackback | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。EOS6Dと地味な単焦点レンズを愛用中。2014年以降の写真はクリックすると大きく表示されます(過去の海外写真も随時拡大表示へ切り替え中)。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(159)
(133)
(102)
(87)
(82)
(77)
(76)
(63)
(62)
(59)
(59)
(59)
(58)
(55)
(54)
(50)
(48)
ご案内
Profile
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
お久し振りです。 ヤワ..
by 伊勢長鯨 at 00:56
>B.Godさま お久..
by スクンビット総研 at 19:43
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(町並み...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル