<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧
【メインサイト更新】 「中華迷宮ヤワラート」に「冷気茶室」を追加
b0061717_2395229.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/8 Sukhumvit Rd., Bangkok
Canon EOS40D
EF24mmF2.8
ISO800
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

肉体的にも精神的にも調子を崩しつつ、中華迷宮ヤワラートを更新。
この体たらくを具現化するかのように、今回はテーマも澱んでいます。
ヤワラートフリークには説明不要、ズバリ「冷気茶室」です。
URLはこちら

馳星周の小説「マンゴーレイン」で、メイが売り飛ばされてエイズに感染したところ、といえば分かりやすいでしょうか。
まぁとにかくそういうところです。

嗚呼、病んでるな、俺。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-25 23:33 | メインサイト更新日記 | Trackback | Comments(0)
高尾山口  紅葉もあるでよ
b0061717_13204763.jpg
EOS40D / EF24mmF2.8

毎日ヤワラートの記事更新ばかりしていると体が漢方臭くなっちまうぞ、ということで高尾山へ行って参りました。

b0061717_355690.jpg
EOS40D / EF24mmF2.8

見事な紅葉を眺めに、ウジャウジャ集まります。
2008年9月13日とは異なり、行きも帰りも真面目に徒歩でした。

b0061717_2351044.jpg
EOS40D / EF24mmF2.8

頂上でトランプに興じる中国人御一行。

b0061717_2354158.jpg
EOS40D / EF24mmF2.8

センス溢れる天狗様は外人客にも大人気。

b0061717_2344897.jpg
EOS40D / EF24mmF2.8

これぞ正しいおっさんの遠足。
帰路は高円寺の寿司屋へなだれ込みました。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-23 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
【メインサイト更新】 「中華迷宮ヤワラート」に「盤谷咪咪」を追加
b0061717_15154941.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5 Bangkok
Canon EOS40D
EF24mmF2.8
ISO400
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

性懲りもなく「中華迷宮ヤワラート」を更新。
その名も「盤谷咪咪(バンコクミーミー)」と発します。
URLはこちら

咪咪(ミーミー)とは中国語でニャーニャーの意。
平たくいうと、ヤワラート路地裏猫写真ってところです。
手始めに4枚ばかりアップしました。

ストック写真は山ほどあるのですが、それをどう人様に見て頂くか、悩みどころです。
フリッカーなどの写真共有スタイルはちょっと自分の趣味とは違いますし。
ブログ以上サイト未満のような新たな方式が出来ると面白いんですが。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-21 23:59 | メインサイト更新日記 | Trackback | Comments(0)
池ノ上  群生三品
b0061717_1581950.jpg

b0061717_1584316.jpg

b0061717_159037.jpg
FinePixF50fd / 35-105mmF2.8-F5.1

絶えずカメラを持ち歩くと、やがてこの手合いの物が気になって仕方がなくなる瞬間がやって来ます。
そんな事物をチマチマと陰気に写真に収めることが、子どもの頃から好きでした。

こんな人間に大仰なレンズは不要かも・・・などと頭を抱えつつ、EF24-105mmF4L USMの導入を検討しています。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-18 02:32 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(2)
【メインサイト更新】 「中華迷宮ヤワラート」に「パフラットのシーク寺院」を追加
b0061717_23571051.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2007/4 Phafurat, Bangkok
Canon EOSKissDN
EF28mmF2.8
ISO400
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中華迷宮ヤワラート」に「パフラットのシーク寺院」を追加しました。
URLはこちら

残念ながら本ブログ過去記事の焼き直しなので、初出ネタではありません。
撮影は2007年のゴールデンウィークのこと。
先日某サイトにて、同寺院でタダ飯に与る方法が紹介されており、そういや俺もここ行ったな・・・と思い出した次第です。
ますますサイトの趣旨からかけ離れてきました。

ちなみに上の写真はパフラット市場近くの路地裏で見つけたもの。
漢字で「パフラット」はこう書くようです。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-16 23:44 | メインサイト更新日記 | Trackback | Comments(2)
【メインサイト更新】 「中華迷宮ヤワラート」に「鄭皇爺公」を追加
b0061717_23352572.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/8 Saphan Taksin, Bangkok
Canon EOS40D
EF24mmF2.8
ISO1000
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「中華迷宮ヤワラート」に「鄭皇爺公(ていこうやこう)」を追加しました。
URLはこちら

尚、前回アップした瓊州公所(ぎょうしゅうこうしょ)同様、鄭皇爺公はヤワラートからは少々、というか相当外れた所にあります。
しかし本文でも触れた通り、バンコクという街自体が中国人(特に潮州人)の存在無くして成り立たないものですから、テーマをヤワラートにある文物に限定するのは無理な相談なのかもしれません。

ところでメインサイトのコンテンツが、徐々に「史跡探訪サークル風」になってきました。
悪いことではないんですが、開設当初の目論見(シリアスかつシュールな写真サイト)は見る影もありません。

にほんブログ村 写真ブログ スナップ写真へ
>>My Website:travelogue ASIA スクンビット総合研究所メインサイト
by silkroad4263 | 2008-11-12 23:59 | メインサイト更新日記 | Trackback | Comments(0)
トーンカーブでJPEG画像をどうにかする
写真(特にカラー画像)は、撮った瞬間が全てだと思っている。
後で画像をいじくることを前提にシャッターを切るのは好きではない。

とは言うものの、トーンカーブを利用して若干の「調整」を施すことはある。

僕の場合大半がJPEG撮影なので、調整は最小限に抑えなければならない。
そんな人間の心理を見据えてか、キヤノンのDPPには「トーンカーブアシスト」なる機能が設けられている。
標準/強の二段階で画像を明るく補正するもの(Ver.3.0)だが、単に「明るさ」のみをスライダーで変えてしまう機能とは異なり、全体のバランスを保ちつつトーンカーブ自体を補正してくれる。
この機能を知ってから、アンダー→オーバー方向の“若干の”補正に関しては目をつぶれるようになった。

また調整は一回のみと決めている為、TIFFではなくJPEGのまま保存している。
再度調整したくなったら元データからやり直せばいいだけの話だ。

b0061717_22484270.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2008/5 Ratchadaphisek, Bangkok
Canon EOS40D
EF24mmF2.8
ISO500
EV-0.7
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

こちらが元画像。
評価測光で撮影しAEロックを掛けていない所為か、電球の明るさに引っ張られてしまったようだ。
まぁこれはこれで悪くはないが、もう少し女の子の顔をクッキリさせたい。

b0061717_2249073.jpg
トーンカーブアシスト「標準」で処理したもの。
これでは全体が明るすぎて、夕暮れ時のバンコクの雰囲気が感じられない。
何より空のグラデーションが飛んでしまった。

b0061717_22485350.jpg
トーンカーブを中心部分でワンクリックして固定し、高輝度側を僅かに下げ、低輝度側を上げたもの。
女の子の顔をある程度クッキリさせつつ、雲の流れも残すことが出来た。
僕がバンコクで見た「記憶」に限りなく近い仕上がりと云える。

ご覧のようにトーンカーブアシストも時と場合によって使い分ける必要がある。
もっともこの手の話は極めて主観的なもので、一枚目がいいという人もいれば、二枚目が自然と感じる人もいるだろう。
そもそも僕自身の「記憶」とて、この半分腐った脳味噌ではどの程度正確なのか疑わしい。

ただ確かなことは、JPEGで撮る際はかつてのポジフィルム並みか、それ以上にシビアな露出が要求されるということだ。
最近白トビを恐れるあまり、バカのひとつ覚えのように-0.7のまま撮る癖がついてしまったが、そろそろ脱却する必要があるだろう。
by silkroad4263 | 2008-11-03 23:38 | カメラ・レンズ小噺 | Trackback | Comments(2)
生の誘惑、ふたたび
従来ほぼ100%JPEGで撮っていたのだが、ここ数日「大容量のHDDも買ったことだし、RAWで撮るのも悪くないかな」などと考えていた。
RAWであれば、当然現像時にホワイトバランスやキヤノン独自の「ピクチャースタイル」を自由に変更できる。
そこで久しぶりにRAW/JPEG同時保存で撮影を試みた。

b0061717_21592983.jpg
b0061717_21593696.jpg

一枚目はWBをオート、ピクチャースタイルを「風景」に設定したJPEG撮って出し画像。
二枚目はWBを太陽光、ピクチャースタイルを「スタンダード」に設定してRAWデータを現像処理したものだ。
前者は赤い花とコカコーラの看板がなんだかケバケバしいが、後者はしっとりした質感がうまく再現されている(ように僕には見える)。

とは言え、RAWに慣れている人や一部のマニア以外、大半のデジカメユーザーにとっては「どうでもいい」レベルの違いとも云える。
僕自身、仮にJPEGのみで撮っていたなら「こういうもんだった」と割り切れたような気がするのだ。

RAW撮影の最大の功績は、現像処理の手間や容量の大きさから、一枚一枚に精神を集中する姿勢が生まれることかもしれない。
しかしその結果、フィルム代を気にせずバンバン撮ることで得られる「最良の一枚」を逃してしまっては、デジタル時代の恩恵を放棄しているのに等しい。

既にRAW vs JPEGの論争は陳腐化した感があるが、もうしばらく素人なりに模索して、考えをまとめておきたい。
地味な葛藤は当面続きそうだ。

(過去の参考記事はこちら。2年前も同じ悩みを抱えていたようです。)

EOS40D / EF-S10-22mmF3.5-4.5USM
by silkroad4263 | 2008-11-01 23:59 | カメラ・レンズ小噺 | Trackback | Comments(2)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。EOS6Dと地味な単焦点レンズを愛用中。2014年以降の写真はクリックすると大きく表示されます(過去の海外写真も随時拡大表示へ切り替え中)。
by スクンビット総研
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(164)
(133)
(102)
(87)
(82)
(77)
(76)
(66)
(63)
(62)
(60)
(59)
(59)
(56)
(54)
(50)
(48)
ご案内
Profile
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル