タグ:EF35mmF2 IS USM ( 102 ) タグの人気記事
渋谷  見慣れた街の夜景
b0061717_0272563.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2017.6)

本日(6/3)、青山のギャラリー「ナダル」にて名刺判写真展を鑑賞。帰りに同志に誘われ、Hikarieの上階よりパチリ。
子供の頃から慣れ親しんだ街ではありますが、なんだか遠い存在になりつつあります。

小さいサイズで見ると、なんだか眠い画になってしまいました。クリックすると、それなりの画質になります。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-06-03 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
松江市  宍道湖遠望
b0061717_0535281.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Matsue, Shimane, 2017.3)

松江フォーゲルパーク展望台より。ガラス越しの撮影は難しい。

b0061717_054106.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Matsue, Shimane, 2017.3)

松江市内「こそし蕎麦」。私は出雲大社近くの「かねや」が一番好きなのだが、こちらの蕎麦も素晴らしかった。かねやより出汁の甘味が少なめ。

あっという間に、短い旅が終わった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-03-22 23:59 | Japan | Trackback | Comments(0)
出雲市大社町鷺浦  春の里を訪ねて
b0061717_04104.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Izumo, Shimane, 2017.3)

b0061717_053537.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Izumo, Shimane, 2017.3)

b0061717_054862.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Izumo, Shimane, 2017.3)

b0061717_055981.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Izumo, Shimane, 2017.3)

b0061717_0134425.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Izumo, Shimane, 2017.3)

出雲大社前から鷺浦方面へ向かうバスを撮影していると運転士が話しかけてきた。

「撮っておいてよぉ。まもなく一畑バスの運行終わっちゃうから。他社がもっと小さい車で運行するんだって。この古いバスも廃車ですわ」

残念だが、やむを得まい。今はただ、一日も長く鷺浦の風景が生き永らえることを祈るばかりだ。
私にとって、生まれ故郷以上のふるさとなのだから。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-03-21 23:59 | Japan | Trackback | Comments(0)
竹橋  国立公文書館で、UFO・漂流・光太夫
b0061717_22423690.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Chiyoda-ku, 2017.3)

本日(3/4)、国立公文書館の特別展「漂流ものがたり」に行ってきた。特に江戸時代の漂流譚を愛してやまない私には願ってもない企画だ。数ある展示資料のなかから、特に心に残ったものを二点ほどご紹介。

一つ目は、江戸時代のUFOとしてオカルト好きには有名な「うつろ舟の蛮女」。私は小学生の頃(1990年頃)別冊コロコロコミックのオカルト漫画でこの存在を知り、たいへん驚いた記憶がある。詳細は省くが、時折現れる異国船への恐怖とそれ以上の好奇が、このような都市伝説を生んだのではないか、と私は想像している。

b0061717_22424425.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Chiyoda-ku, 2017.3)

二つ目は井上靖の名作「おろしや国酔夢譚」で知られる大黒屋光太夫(→120815記事)からの聞き取りをもとに、蘭学者・桂川甫周がまとめた「北槎聞略」。完成は1794年のこと。
甫周は、将軍・家斉が光太夫と謁見した際の書記官を務めた人物だが、これを機に光太夫とは友人関係を築いていたようだ。杉田玄白らとともに「ターヘル・アナトミア」の翻訳にも取り組んだほどの西洋通であった甫周は、光太夫が語る漂流譚をどんな思いで聞いたのだろう。
さらに驚くべきは、大黒屋光太夫がロシア滞在中、現地人の口から桂川甫周の名を聞いていたことだ。甫周はこれより20年ほど前、オランダ商館付医師カール・ツンベルクと交流しており、ツンベルクが帰国後に記した日本旅行記に甫周の名を残したことによる。

18世紀の世界は、案外狭いものだったのかもしれない。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-03-04 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
中野  新井薬師界隈
b0061717_1205885.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

老舗の風格漂う商店。いつ頃から営業しているのだろう。話を伺いたかったが、人の気配はなかった。

b0061717_121641.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

b0061717_1211763.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-02-27 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
中野  新井薬師から幡ヶ谷へ、カメラおやじの新年会
b0061717_053624.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

本日(2/26)、毎度のカメラおやじ(+カメラ女子&カメラ人妻)が中野に集合し、撮影散策及び新井薬師参詣と洒落込みました。まずはフジヤカメラを冷やかした後、駅近くのインドカレー屋で昼食。

b0061717_0592639.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

気持ちよく熱唱するお父さんはカメラ女子に「かわいいねぇ、映画スタァ?」と。

b0061717_111117.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

早稲田通りを越え、新井薬師の参道を北上します。

b0061717_113313.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

このお地蔵さん、民家との融合具合がヤワラーの太子爺(→070723記事)を彷彿とさせます。

b0061717_16287.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

五叉路というべきか、表現の難しい交差点につけば、新井薬師梅照院は目の前。私がイメージする昔日の門前町の猥雑さに、ケバブ屋がよく似合います。

b0061717_17533.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

境内には「澁谷講」の石碑が。明治時代に建てられたものらしく、「大日本麦酒」の文字も読めます。

b0061717_172245.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

こちら「一心講」の石碑も明治時代の作。「講」というものは江戸時代におけるサークルのようなものですが、いつ頃まで存続したのか、調査する価値がありそうです。

b0061717_18225.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Nakano-ku, 2017.2)

古いお地蔵さんを眺めていると、大変失礼ながら「長生きも辛かろうな」などと思ってしまいます。傷んだ石肌や苔はドラマそのもの。

b0061717_1104818.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2017.2)

中野駅前からバスで幡ヶ谷へ。同志行きつけの「ミヤザキ商店」で宴会。とても美味しゅうございました。

b0061717_111673.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2017.2)

次回は花見かな。皆さん、おつかれさまでした。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-02-26 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
ネゴンボ  インド洋の風
b0061717_0142356.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Negombo, 2017.1)

この季節に吹く北東の風が、かつて多くの船をアラビアからインドに運んだ。有名なシンドバッドとは、ペルシア語でヒンドゥー・バード、インドの風という意味だという。

b0061717_0254740.jpg
NEX-5R / E50mmF1.8OSS (Negombo, 2017.1)

明の鄭和しかりアラビアやインドの商人しかり、風ひとつで海の彼方を目指すには、相当な勇気と覚悟が必要だったはずだ。そんな冒険が出来た人びとを羨ましく思う一方で、仮に同じ時代に生まれていたとして、自分にその勇気と覚悟が備わっていたか、あまり自信がない。

b0061717_0153038.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Negombo, 2017.1)

海はあまりに広く、深く、そして恐ろしいものなのだなぁ…などと思いながら空港へ向かい、帰国の途に就いた。2017年もよい旅が出来そうだ。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-01-28 23:59 | Sri Lanka | Trackback | Comments(0)
コロンボ  木立の中の家
b0061717_22223362.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Colombo, 2017.1)

b0061717_23495194.jpg
NEX-5R / E50mmF1.8OSS (Colombo, 2017.1)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-01-26 23:59 | Sri Lanka | Trackback | Comments(0)
コロンボ  Sight from Tuk-tuk seat
b0061717_21591156.jpg
NEX-5R / E50mmF1.8OSS (Colombo, 2017.1)

b0061717_2263644.jpg
NEX-5R / E50mmF1.8OSS (Colombo, 2017.1)

b0061717_2265677.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Colombo, 2017.1)

Tuk-tukといいつつ、最後だけミニバスからの風景。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-01-24 23:59 | Sri Lanka | Trackback | Comments(0)
コロンボ上空  ラグーンの国へ
b0061717_22171699.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Colombo, 2017.1)

明るいうちに着く便に乗るときは、窓側の席を取るようにしている。
ひたすら続く砂浜とラグーンが美しい。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2017-01-23 23:59 | Sri Lanka | Trackback | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。X-T20、EOS6Dと地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(164)
(133)
(102)
(87)
(82)
(79)
(76)
(66)
(63)
(62)
(60)
(59)
(59)
(57)
(54)
(50)
(48)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル