タグ:EF35mmF2 IS USM ( 101 ) タグの人気記事
神保町  大晦日の書泉グランデにて
b0061717_1841226.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Chiyoda-ku, 2016.12)

本日(12/31)撮影。
大晦日の神保町はうら寂しいものだが、書泉グランデはしっかり営業。働いている人は大変だろうと思う。
ここの6階の鉄道コーナーのマニア度は日本屈指のものだ。

b0061717_17581232.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Chiyoda-ku, 2016.12)

今年はとにかく落ち着きのない1年だった。来年こそは、と毎年繰り返しているような気もするけれど、来年こそは落ち着いて写真を楽しみたい。

皆さま、よいお年を。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-12-31 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
千駄ケ谷  カメラおやじ、戦前のタバコ屋に涙する
b0061717_20142826.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

本日(12/10)、毎度のカメラおやじが集まり近場の撮影会と相成りました。集合したのは千駄ケ谷。

b0061717_20143448.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

ぶらり歩くと昭和の面影がちらほらと。

b0061717_20144238.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

b0061717_2015994.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

中でも白眉はこちらのお宅。「こばた」の文字がくっきりと残っています。細かな装飾も見事。
偶然居合わせた今年で86歳になるというご婦人いわく「私が嫁いできたときには既にタバコは売っていませんでした」とのこと。戦前のタバコ屋の遺構とみて間違いなさそうです。
ご婦人は「そんなに珍しいのなら差し上げますよ。壁さえきれいに戻してくれたら」と笑っておられました。いつまでもお元気で。

b0061717_20223571.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

千駄ケ谷から代々木の間を少し歩いただけで、まもなくその生涯を終えようとしている家々を眺めることができます。

b0061717_2015296.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

こういう小さな工場が、かつては至るところに見られたのでしょう。換気扇と裸電球の佇まいに美しさを感じます。

b0061717_20161649.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

昼食は「レストランみのる」で。こちらのご主人も素晴らしい。80代とは思えぬパワーです。
同志が注文した棒鮫の煮つけをパチリ。

b0061717_202393.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

せっかくなので新宿御苑にも立ち寄り、熱帯植物園も見学。アジア系旅行者の多いこと。

b0061717_2017820.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Shibuya-ku, 2016.12)

仕上げに「世界のやまちゃん」にて忘年会。皆さん本年もお世話になりました。
来年も楽しく撮りましょう。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-12-10 23:10 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
自由が丘~駒沢大学  秋の散歩  
b0061717_13295397.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Meguro-ku, 2016.11)

本日(11/26)、所用の合間に撮影。
結局、紅葉の類を撮らぬまま秋が終わってしまった。

b0061717_1330954.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Setagaya-ku, 2016.11)

自由が丘から少し北上すると世田谷区に入る。
このお地蔵さんは初お目見え。いつも電車で素通りしてしまう町を歩くと、いろいろと発見があるものだ。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-11-26 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
南千住  「丸千葉」にて、カメラおやじを偲ぶ会
b0061717_0585059.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Taito-ku, 2016.10)

本日(10/1)、一足先に旅立った紋次郎同志を偲んで、毎度のカメラおやじが南千住に集いました。向かった先は思い出の店「丸千葉」。同志を看取ったカメラ人妻(同志の猫写真友達)も、形見のニコンDfを携え初参加してくださいました。

b0061717_1043.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Taito-ku, 2016.10)

同志との思い出話からカメラ談義、そして毎度のエロ話までネタは尽きず、3時間以上飲み続けました。同志も笑ってくれているだろうよ、と信じつつ。

b0061717_101350.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Taito-ku, 2016.10)

「丸千葉」を出て向かったのは好事家の間で有名な「カストリ書房」。私は遊郭関連の豆本を3冊購入しました。

b0061717_102993.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Taito-ku, 2016.10)

ソープ街を抜け、吉原弁財天へ。紋次郎同志の遺品であるニコンDfが生き生きテカテカしているように見えます。カメラ人妻に「まずはこれを使いなさい」と託したレンズが35mmF1.8だったという点も、いかにも同志らしいエピソードです。

b0061717_104218.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Taito-ku, 2016.10)

その後、これまた思い出の「三島屋」にて二次会です。前述の丸千葉しかり三島屋しかり、カメラ仲間との出会いがなければ一生来ることはなかったでしょう。孤独でなければ見えてこないものはたくさんありますが、世間でおっさんと呼ばれる年齢になってみて、仲間がいるからこそ出会えるものの大切さが分かってきたような気がします。

昼間からひたすら飲んで、食べて、そして亡き同志を思った一日でした。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-10-01 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
バンコク  いきつけ美容院の軒先で晩飯
b0061717_114988.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

この美容院に通い始めて早十数年。こちらの女性は数少なくなった古参メンバーのひとり。

これにて2016年8月のタイ写真のアップ、完了です。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-13 23:59 | Bangkok | Trackback | Comments(0)
バンコク  貧乏舌の泰飯三昧
b0061717_02744100.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

まだ載せていない食べ物写真のうち、良くも悪くも心に残ったものをご紹介。
まずはお約束のベタゲンとランプータン。ホテルに帰ってこいつをグビグビ飲むのが習慣になっている。

b0061717_0273524.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

「バンコクで一番」との呼び声も高い「永和豆漿」の小籠包。所詮貧乏舌の感想ではあるが、至って普通の味。

b0061717_0272383.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

牛肉麺も食べてみたが、こちらも普通の味。台湾で食べた小籠包と牛肉麺が懐かしい(→150825記事)。
なお、団体客が多いせいか、呼ぼうが注文しようが店員の反応がないのにウンザリ。これは料理以前の問題だ。再訪はないだろう。

b0061717_029483.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

これまた有名店「ガイトゥーン・プラトゥーナム」のカオマンガイ。本当に素晴らしい。以前よく通った「OKカオマンガイ」よりも安く、そして旨い。今回は時間の都合上、とりドルさんの店(→140620記事)に行けなかったのが残念だ。

b0061717_028690.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

「ガイトゥーン・プラトゥーナム」の脇でひっそり営業している屋台のバミー・ナーム。こういうのも好きだ。

b0061717_0282142.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

トンロー駅近く「ホイトートサーウレー」のホイトート(堅焼)。オースワンに似ているけれど、こちらは揚げ物といってよさそうだ。旨い。

b0061717_0283252.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

上記「ホイトートサーウレー」の並びにある「イムちゃん食堂トンロー店」のカオパット・クン。むかし食べたことがあるような気がするので立ち寄ったが、米がベチャベチャしており、残念な結果だった。

b0061717_0284199.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

そして旅行者にお馴染み「マンゴータンゴ」のカオニャオマムアン。私は「タイ式おはぎ」と呼んでいる。しみじみ旨いね。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-12 23:59 | Bangkok | Trackback | Comments(0)
ヤワラート  台北旅社跡地
b0061717_23192668.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

先般閉鎖された台北旅社(台北ホテル)を見にいった。屯している人の種類は従来どおり。(台北旅社をご存知でない方はこちらの作品をどうぞ)
どうやら取り壊すのではなく、リニューアルするようだ。元の建物がぼろかっただけに、上から綺麗に塗り直すような工事で大丈夫なのか、とも思う。

b0061717_23243375.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

ホテルといえば、チャイナタウンホテル(中国大酒店)裏手の角地は更地になっていた。以前の様子はこちら(→070531記事)。トロック・カオサン(常に宝クジ売りのおやじがいるところ)より西側の長屋は今のところ無事だが、そう長くはないのかもしれない。

b0061717_23223625.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

変わりゆく風景もあれば、変わらないものもある。それは当たり前のこと。
よそ者の自分が出来るのは、一枚でも多く、心に残った風景を写真に残しておくことだけだ。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-11 23:59 | Bangkok | Trackback | Comments(0)
ヤワラート  模型に想うNew Empire Hotel(新帝國大酒店)今昔
b0061717_2313237.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

「ヤワラート・チャイナタウン・ヘリテージ・センター」には、1950年代のヤワラーを再現した模型が展示されています。かつての定宿New Empire Hotel(新帝國大酒店)(→140507記事)のグニャリと湾曲した建物は、当時から建っていたようです。

b0061717_23134381.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

ヤワラーはバンコク中心部と比較すれば時の流れの緩やかな街ではありますが、地下鉄の延伸工事も進み、急速にその姿を変えつつあるようです。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-10 23:29 | Bangkok | Trackback | Comments(2)
ヤワラート  おやじ喫茶、益生(イヤセー)の昼下がり
b0061717_116113.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

ここでの一服が、自分の旅ごころを呼び覚ます。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-09 23:59 | Bangkok | Trackback | Comments(0)
バンコク  「マスジッド・パドゥンタム・イスラム」トンブリーに残るシーア派モスク
b0061717_0365822.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

ムスリム墓地から壁越しに見えたモスクだが、どの路地を通ればたどり着くのか、よくわからない。結局親切な地元の青年がバイクで送ってくれた。首からキヤノンのパワーショットをぶら下げたその青年もムスリムであった。

b0061717_0415399.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Bangkok, 2016.8)

モスクの名はマスジッド・パドゥンタム・イスラム(Masjid Padungtham Isram)。その場にいた女性によると、この界隈のムスリムはラタナコーシン朝の初期に定住した者の子孫であり、モスクもそれと同じく古いものとのこと。ただし、建て直されている。
また現在、バンコクにシーア派のモスクはこれを含め5箇所しかないという。たしかにあまり意識していなかったが、自分の知り得る限り、チャオプラヤ川東岸(ラタナコーシン側、バンコク中心部)でシーア派のモスクを見た記憶はない。

青いタイルで装飾された壁面は、大学生だった2001年に訪れたイスファハン「王のモスク」を彷彿とさせる。イスラムの勉強もしなくちゃなぁ、などと思いながらタマネギ型の屋根を見上げた。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-09-08 23:59 | Bangkok | Trackback | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。EOS6Dと地味な単焦点レンズを愛用中。2014年以降の写真はクリックすると大きく表示されます(過去の海外写真も随時拡大表示へ切り替え中)。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(159)
(133)
(101)
(87)
(82)
(77)
(76)
(63)
(62)
(59)
(59)
(59)
ご案内
Profile
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>B.Godさま お久..
by スクンビット総研 at 19:43
こんばんは。今、このニュ..
by B.God at 00:09
>ミドリブタさま コメ..
by スクンビット総研 at 22:51
わたくし、高校時代にこの..
by ミドリブタ at 19:04
>bebe1998さま ..
by スクンビット総研 at 17:07
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 - a l...
古今東西風俗散歩(町並み...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル