INDEX
インデックスページ
 地域別インデックス / Place-name Index
 レンズインデックス / Lens Index
 月別写真一覧 / Monthly Photo Archives
旧メインサイトよりコピーした特集記事
 【特集】中華迷宮ヤワラート / History of Chinatown in Bangkok
 【特集】失われた記憶を訪ねて / Traveler's Footprint
 ペナン島『同楽旅社』を訪ねて
 最初の「深夜特急」 古書店で見つけた初出掲載誌
 潜入撮、北京反日デモ
テーマ別タグ
 お気に入り写真 My Favorite Photos・・・随時入れ替えています。まずはこちらからどうぞ。
 銀塩アーカイブズ ←NEW
 名著の風景 / カメラおやじダイアリー / モスク / パイゲン・ベタゲン / 宗親会 / 理髪店・美容院 / 益生(イヤセー)
 マルフク / 手書き案内地図 / 隧道 / 防火用水 / 古写真

Google Chromeをご利用中の方へ
 お手数ですが、右上の 詳細 > 詳細設定 >「ハードウェアアクセラレーションが使用可能な場合は使用する」を無効にしてください。そのままですと写真の解像度が著しく低下する場合があります。

to Google Chrome users
 Please turn off HARDWARE ACCELERATION to see photos in better resolution.
# by silkroad4263 | 2018-04-30 23:59 | ご案内
キヤノンDPPの感覚でlightroomを使う方法
b0061717_1423317.jpg
ネパールにて

EOSユーザーということもあり、私は何の疑いもなくキヤノンDPPでRAW現像をしていた。
DPPはRAW現像の過程で生成される編集情報(レシピ、現像パラメータ)をRAWファイルそのものに直接埋め込む方式をとっており、SILKYPIXやソニーIDCのように編集情報のみが別ファイルで生成されることがない。それでいて仮に「変更を保存」しても、それはあくまでDPP上での話であり、OS上での実際のファイルは撮影時のままの状態が保持されている。

私は撮影した画像を全てシンプルな日付別フォルダでHDDに保管しているので、余計なファイルやフォルダを意識する必要もなく、またHDD内のフォルダ階層をそのまま表示して操作できるDPPの使い勝手に大変満足していた。
しかし当然のことながらDPPではキヤノン機で撮影したデータしか現像出来ない。富士機やソニー機でRAW撮影するにあたり、やむを得ずlightroomを購入したのが昨年のことだ。

b0061717_143227.jpg
ラオスにて

lightroomは画像に付随するあらゆる情報を「カタログ」と呼ばれるファイルで保管する方式だが、私のような初心者にはこれが非常に分かりづらいものだった。
まずlightroom では編集情報のみならず、そのファイルの保管場所・階層に至るまで全てがカタログ上に記録される。ここまでは「iTunesみたいなものか」程度に考えていたのだが、試しに現像してみるとHDDに保管した画像とは別にカタログフォルダにまで画像コピーが生成されている。またプロやハイアマチュアのサイトを見ても使い方は十人十色で、中には「現像から画像管理まですべてlightroomで行う」という人もいる。

「画像管理は単純な日付別フォルダで。現像ソフトは文字どおりRAW現像のみしてくれればよい」という私のような素人はどうすればよいのだ…と悩んだ末に至ったのが以下の方式である。

b0061717_1441058.jpg
トルコにて

(1)まずカタログを作成する(初回のみ)。カタログは1個だけ作成し、すべてこのカタログでまかなう。またこのフォルダのなかに今後のRAW現像時の編集履歴などすべてが保存されるので、しっかりバックアップもとっておく。しかし、日常のRAW現像でこちらを意識する必要はない。

(2)撮影データをlightroomに読み込む。新たに撮影(作成)したデータは、従来どおり日付別フォルダにまとめたうえでHDDに保管する。その後lightroomで、「ライブラリ」→「読み込み」と進み、当該フォルダを選択する。この際、カタログの読み込み方法は「追加」を選択する。これにより既存の画像データの複製が作られることもなく、単純にカタログとHDD内の画像データの紐付けが行われる。

(3)現像済の最高解像度のJPG画像は、上記日付別フォルダ内の専用フォルダ(私は単に「印刷用」としている)に保管する。もちろん用途に応じて別途ブログ用、送信用等を作ってもよい。

これでDPPとほぼ変わらぬ使い勝手でlightroomを活用することが出来る。しかしここで気をつけねばならないのは、フォルダの名前や階層を変更するときは、必ずlightroom上で行うという点だ。DPPはOS上で変更したフォルダ名やフォルダ階層をそのまま認識してくれるが、lightroomの場合カタログに一旦記録された情報を僅かでも変更する際はlightroom上で行わなければならない。これを怠ると、画像データと過去の編集情報のリンクが途切れてしまうのである。

なお、上記の管理方法はlightroomの本来の使い方、Adobeが考える画像管理の方法とは異なるものだろう。冒頭に触れた「現像から画像管理まですべてlightroomで」という人からすれば、日付別フォルダ云々言っている時点で旧態依然としか映らない筈だ。
ただ、今後増え続ける画像データの管理を1社が提供する1ソフトに依存するという感覚がどうにも理解できない。Adobe社がlightroomを永久に存続させる保証はないし、会社そのものが無くなる可能性だってあるのだ。

趣味で写真を楽しんでいる私のような人間にとって一番大切なことは、上記の(3)なのだと思う。これがベストだ、これさえ残っていれば満足だ、と言い切れる最高解像度のJPGデータをしっかり残しておくこと。RAWデータは何らかの理由があって再現像する際の(ほとんどないのだが)補助的手段と割り切ること。この二点を意識するだけで随分気持ちは楽になる。

RAWデータを残すことに主眼を置くべきではない。銀塩時代を覚えている人には馴染みのある感覚の筈だ。RAWデータは、未現像フィルムのようなものなのだから。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-04-19 23:59 | カメラ・レンズ小噺 | Trackback | Comments(0)
板橋本町  石神井川沿いの好みの風景
b0061717_0332186.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

カメラおやじ会(→180401記事)で見かけた風景を数枚ご紹介。

b0061717_033336.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

これらのカットは全て誤ってISO3200で撮影したもの。ブログくらいならノイズもさほど気になりません。

b0061717_0335694.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

b0061717_034832.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-04-02 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
板橋本町~王子  カメラおやじのリバーサイド花見
b0061717_23373531.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Kita-ku, 2018.4)

本日(4/1)カメラおやじ3名とニューカマー女子2名で写真散歩と相成りました。板橋本町駅前で集合し、石神井川へ。

b0061717_23265629.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

川沿いを歩きます。

b0061717_23274947.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

縁切り榎に立ち寄り、己の身の上に一応安堵。

b0061717_2332458.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

「万宝楼」で昼めし+ビール。まことにうまし。

b0061717_23333058.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

多少は残っているものの、ほぼ葉桜。ま、自然のことだから仕方ないね。
去年の石神井川は満開でした(→170408記事)。

b0061717_23341415.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

花筏が美しい。

b0061717_2337118.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Itabashi-ku, 2018.4)

b0061717_23374452.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Kita-ku, 2018.4)

b0061717_23375923.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Kita-ku, 2018.4)

あれよあれよという間に赤羽着。

b0061717_23381193.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Kita-ku, 2018.4)

さくら新道を一瞥し、京浜東北線で王子から鶯谷へ向かいます。

b0061717_23382319.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Taito-ku, 2018.4)

最近の定番になりつつある東エイにて反省会。

b0061717_23383372.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS (Taito-ku, 2018.4)

そういや鶯谷駅周辺で以前は見かけた「増えてます、ポン引き街娼ひったくり」の立て看板(→080619記事)が見当たりませんでした。ポン引きやひったくりはさておき、街娼はしっかり営業中なのに。いや、街娼がいなくなってしまったら、それはもう鶯谷とは呼べないよな、などと思いながら家路についた次第です。

皆さん、次回奥多摩サイクリングでお会いしましょう。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-04-01 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
神保町  天丼いもやを後にして
b0061717_0271085.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

本日(3/28)、先々週同様(→180317記事)天丼いもやに別れを告げるべく、神保町に立ち寄りました。今回は大学時代の後輩も一緒です。
行列並ぶのも最後だし仕方ないよね、と思っていたのですが店の前に来た時点で「ま、並んで食うもんじゃないよね」と方向転換。浜松から来たという男性としばし神保町今昔を語り合った後、その場を後にしました。

b0061717_0272065.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

浜松から来たという男性に強くカレーのまんてんを勧めていながら自分らはボンディへ。待ち時間に恒例の読書報告をしていたのですが、両名とも下川裕治氏の作品を持ち合わせていました。旅好きはおやじになっても変わらないんですね。

b0061717_0272927.jpg
X-T20 / XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

思い返せば学生時代にボンディでカレーを食べた記憶は一度もなく、私にとってカレー屋といえばまんてんの一択でした(→070902記事)。街が変わっていくように、そこに集う人も変わっていくものなのかもしれません。絶対に譲れない趣味の領域を除いては。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-03-28 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
神保町  さよなら愛しの飯屋たち
b0061717_23241352.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

本日(3/17)、3月末で閉店するいもやに別れを告げるべく神保町へ。しかし案の定大行列で早々に諦めた次第。

b0061717_2324571.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

ならびのさぶちゃんは昨年11月に閉店。4月の訪問が最後になってしまった(→170422記事)。

b0061717_23242891.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR, PROVIA (Chiyoda-ku, 2018.3)

思い出の店がどんどん消えてゆくのは寂しいことだけれど、自分自身が神保町を訪れる頻度も激減している。時の流れってこういうことなんですな。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-03-17 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
新橋  旅仲間と語らう駅前ビルの夜
b0061717_20164522.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR, PROVIA (Minato-ku, 2018.3)

本日(3/16)、2001年の夏にイランはザヘダンで出会った旅仲間と久々に語らった。互いに歳はとったし時代もだいぶ変わったけれど、旅への思いは変わってない。
当時の旅写真を少しずつアップしている(→銀塩アーカイブズ)ので、いずれザヘダンも当ブログに載せることになるだろう。

b0061717_20165825.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR, PROVIA (Minato-ku, 2018.3)

旅仲間はゴールデンウィークに奥様とマルタへ行くとのこと。私も行きたい。どこかへ。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-03-16 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
豊島区某所  クーロン黒沢氏主催「浮遊会~たまには上品に語りたい・旅話会」に参加
b0061717_10273396.jpg
iPhone6s

本日(3/4)、鬼才・クーロン黒沢氏主催、シックスサマナ公式イベント『浮遊会~たまには上品に語りたい・旅話会』に参加してきました。12月の冬の陣は生憎不参加でしたので、皆さんにお会いするのはほぼ1年ぶりのこと。(→170205記事
今回は本因坊さんの知性溢れるトーク、海老蔵さんのワイルドな旅の報告を堪能できました。

そしてスペシャルゲストはふくちゃん。お元気なようでなによりです。
昨年の夏、ヤワラーはスリクルンで当のふくちゃんに遭遇したエピソード(→170904記事)もしっかり紹介され、大満足の1日でした。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2018-03-04 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Trackback | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。X-T20、EOS6Dと地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Spain
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(164)
(133)
(102)
(87)
(82)
(79)
(76)
(66)
(64)
(63)
(62)
(60)
(59)
(59)
(54)
(50)
(48)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル