カテゴリ:Bangkok( 389 )
バンコク  いきつけ美容院でしみじみ
b0061717_18073382.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Bangkok, 2019.7)

去年も全く同じことを書きましたが(→190731_23:00記事)、こちらの店のスタッフも通い始めた当初から知っている顔は1名のみ。20年近く時が経ったのだから当たり前といえば当たり前か。
みんな元気にしているのかな…などと思っていたら、うたた寝していた。これも私にとってのバンコク。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2019-08-01 23:59 | Bangkok | Comments(0)
ヤワラート  おやじ喫茶・益生(イヤセー)でバンコク華人街の未来を思う
b0061717_23415775.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

毎度おなじみ、おやじ喫茶・益生(イヤセー)で一服。常連の老人の顔は少しずつ減っていくけれど、私にとって時が止まった思い出の店だ。

b0061717_23421244.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

余談だが、英文のメニューが出来ていて驚いた。歴史的遺構を回るツアーの一環としてこの店を訪れる白人も増えているようだ。とにかくしぶとく細く長く生き永らえてほしい。地下鉄が伸びようとも周囲の景観が変わろうとも、せめてこの長屋の一隅だけは。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2019-07-31 23:59 | Bangkok | Comments(0)
ヤワラート  毎度の太子爺と三宝節パレード
b0061717_23271219.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

ここ十年くらい、バンコクを訪れるたびに真っ先に参詣している路地奥の太子爺。また元気に来られたことを素直に感謝するのが、私の恒例行事だ。

b0061717_23273107.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

近くでは三宝節(仏・法・僧の三宝が成立した日)のパレードが行われていた。翌日は入安居(カオパンサー)。出張者・旅行者の間では俗に禁酒日と呼ばれているが、私は一人では殆ど飲まないので苦でもなし。
動画はこちら。



b0061717_18061444.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2019-07-30 23:59 | Bangkok | Comments(0)
ヤワラート  旧台北旅社のその後を見にゆく
b0061717_17512107.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Yaowarat, 2019.7)

台北旅社はW22ホテルという名の全く別のホテルに生まれ変わっていた。こざっぱりしたシティホテルで白人の熟年旅行者の姿が目立つ。
台北旅社の怪人こと岡本先生はあの世でどう思っているんでしょうね。(2年前の訪問時はこちら→16911記事

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2019-07-29 23:59 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  いきつけ美容院でちょっとしんみり
b0061717_014790.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

15年ほど行きつけにしている美容院。幾たびかオーナーが変わり、スタッフもどんどん入れ替わっていいく。そして今回、初訪問の頃から懇意にしていたマネージャー格の女性が退店したことを知った。
出会いと別れの繰り返しが旅なのだから、それも仕方のない話。元気でいることを祈るばかりだ。

b0061717_014312.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

2018年夏のタイ写真、これにておしまい。
また来年、どうにかしてお邪魔します。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-31 23:00 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  貧乏舌のアローイ三昧2018
b0061717_19551835.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

今回バンコクで食したもので印象に残ったものをまとめてご紹介。
まずはヤワラーのカレー屋台、Jek Pui Curry。テーブルはなく、皿を手にした客は路肩の椅子に座りそのまま食べる。まろやかで美味し。

b0061717_19555333.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

香港ヌードルのワンタン麺。チェーン店で面白みはないものの、過去に友人と度々利用した思い出があり時折立ち寄っている。

b0061717_19561511.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

バンコクくんだりまで来てちょくちょく立ち寄るアイリッシュパブ、ロビン・フット。泰韓ハーフという詐欺師男にしつこく店内で誘われてに辟易。

b0061717_19565220.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

ヤワラーの海鮮屋台Lek&Rutの海老。隣のT&Kとどちらに入るかはその日の気分で決めている。
UA深夜着便ばかり使っていたころは、着後真っ先にここで海老と牡蠣を食べていた。

b0061717_19573696.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

ヤワラーの老舗Thai Haengのカオマンガイ。この他にスープ入りのタイスキも食した。なお初の訪問だったが、すぐ隣の永福寺は過去に撮影している。気付かないもんですな。

b0061717_19582861.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

ここ最近の定番になっているピーオーのトムヤムクンヌードル。スープのコクが素晴らしい。あわせて食べた海老のフライはいまいちだったので割愛。

b0061717_19585451.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

これまた定番のマンゴータンゴのカオニャオマムアン。タイ式おはぎといったところか。

b0061717_19592498.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

セントラルエンバシーのソンブーンでプーパッポンリー。パカチェー炒めも素晴らしかった。ソンブーンは10年以上前に大学の友人らとラチャダー店に入って以来か。

b0061717_2233191.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

深夜のヤワラーでカオパット・クンを食したのだが、料理の写真が今ひとつ。代わりに店主と思しきニューハーフ姐さんを。

b0061717_2244859.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

ヤワラーのファミレス風飲茶屋カントン・ハウス。点心メニューが減り、何故か秋刀魚の塩焼き等が加わっていた。

b0061717_2065216.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

帰国前夜、エンポリウムのフードコートで食べたカオカームー。想像以上の味だった。

ま、こんなところです。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-31 22:00 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  ラフィ・パッタナパック橋
b0061717_19264674.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

バムルンムアン通りからマハーチャイ通りに入りしばらく南へ進むと左手にオンアン水路を跨ぐ古い橋が見えた。案内板によるとラフィ・パッタナパック橋(Raphi Phatthanaphak Bridge)といい、ラーマ5世(チュラロンコン大王)期に建設され、1962年に修復されたものであるとのこと。橋の名は王の子息の名にちなむ。

そのままホアランポーン駅まで歩き、短い歴史散歩を終えた。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-30 23:59 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  曇天のサオチンチャー
b0061717_1848105.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

プレンプートン通りからバムルンムアン通りを東に進むと、ほどなくしてサオチンチャーが見えてくる。かつて使われた祈祷目的の巨大ブランコだが、自分の目には巨大な鳥居のように映った。
バンコクは数十回訪れているが、下からじっくり見上げたのは初めてのことかもしれない。散歩する地域が偏るのは良くないなぁなどと思いつつシャッターを切った。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-29 23:59 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  午後のプレンプートン
b0061717_18313761.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

プレンプートン(Phraeng Phuthon)は、19世紀ラーマ4世の時代に整備された美しい長屋が残る一角として知られる。
この通りを歩くのはほぼ10年ぶりのこと。西洋人の観光客も見かけたが、静かで美しい街角だった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-27 23:59 | Bangkok | Comments(0)
バンコク  FAZAL BUILDING界隈
b0061717_1037486.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

オールドバンコクとも呼べるラタナコーシン島内城地域には、ここ百年の歴史を感じさせる建物が多く残る。FAZAL BUILDINGという名前から西方出身の商人の一族が建てたであろうことは容易に想像がつく。

b0061717_1038252.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Bangkok, 2018.7)

もう少々アサダン通りを北上し、プレンプートンへ向かう。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-07-26 23:59 | Bangkok | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。X-T20と地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 03月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Spain
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(170)
(133)
(102)
(87)
(82)
(79)
(76)
(68)
(66)
(64)
(64)
(64)
(59)
(59)
(54)
(50)
(49)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


図説―バンコク歴史散歩 (都市散歩シリーズ)

当ブログのバンコク散歩関連記事で最もお世話になっている参考書籍です。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
Faith of the...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル