【大陸横断ふたたび2001その10】カシュガル  西域のおもかげ
【大陸横断ふたたび2001その10】カシュガル  西域のおもかげ_b0061717_22384602.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Kashgar, 2001.8)

シルクロードの要衝として知られるカシュガルは、想像以上に大きな都市だった。トルファンから数日遅れでやって来た和田富夫氏(→220515記事)と西域の趣を色濃く残す路地を一緒に歩いた。

あくまで短期旅行者の主観だが、トルファンであまり感じることのなかった貧しさをこの街では感じることが多かった。聞けば私がよく歩いたトルファン賓館周辺の住民はブドウ畑などの資産をもつ者が多く、一定量を政府に収めれば残りは自由に売買してよいという。都市化が進んだカシュガルではそうもいかないということなのだろう。

【大陸横断ふたたび2001その10】カシュガル  西域のおもかげ_b0061717_22384652.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Kashgar, 2001.8)

レンガ造りの古い家が続く路地裏で、和田富夫氏のリュックサックの相当な部分が見知らぬ子供たちへ手渡す玩具やオマケで占められていることを知った。大喜びする子供たちを眺めながら「僕も子供の頃貧乏だったから…他人事とは思えんよ」と呟く和田氏の背中が心に残った。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2022-05-18 23:59 | China | Comments(0)
【大陸横断ふたたび2001その9】トルファン~ウルムチ~カシュガル  南疆鉄道
【大陸横断ふたたび2001その9】トルファン~ウルムチ~カシュガル  南疆鉄道_b0061717_22525384.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Urumqi-Kashgar, 2001.8)

トルファンからバスでウルムチへ向かい1泊。大都会ウルムチはほとんど見物することもなく鉄道でカシュガルを目指した。
ウルムチ発とはいっても一旦トルファン駅へ戻り、そこから一路カシュガル駅を目指す格好になる。南疆鉄道の始発駅はあくまでトルファンである。

【大陸横断ふたたび2001その9】トルファン~ウルムチ~カシュガル  南疆鉄道_b0061717_22525417.jpg
RICOH R1s / 30mmF3.5 (Urumqi-Kashgar, 2001.8)

南疆鉄道は長年途中のコルラ止まりだったが、1999年にカシュガルまで開通した。
天に一飛鳥なく地に一走獣なし…といわれた大地を24時間で駆け抜けてしまったのだった。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2022-05-17 23:59 | China | Comments(0)
【大陸横断ふたたび2001その8】トルファン  ベゼクリク千仏洞と名も知らぬモスク
 【大陸横断ふたたび2001その8】トルファン  ベゼクリク千仏洞と名も知らぬモスク_b0061717_00062616.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

トルファン周辺の観光名所で最も心に残ったのは、イスラム化以前の歴史遺産であるベゼクリク千仏洞だった。砂漠にひっそりと残る仏教の残滓といった趣だ。

 【大陸横断ふたたび2001その8】トルファン  ベゼクリク千仏洞と名も知らぬモスク_b0061717_00062614.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

とはいえ、やはりトルファンの魅力は街中、集落の中だろうと思う。現在の様子は知り得ないが。

 【大陸横断ふたたび2001その8】トルファン  ベゼクリク千仏洞と名も知らぬモスク_b0061717_00062727.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2022-05-16 23:59 | China | Comments(2)
【大陸横断ふたたび2001その7】トルファン  ウイグル街の子供たちとカマやん(和田富夫さん)のこと
【大陸横断ふたたび2001その7】トルファン  ウイグル街の子供たちとカマやん(和田富夫さん)のこと_b0061717_00025256.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

敦煌から夜行列車でトルファンへ。荷をほどいた老舗宿・トルファン賓館の周囲には素朴なウイグル族の集落が広がっていた。

【大陸横断ふたたび2001その7】トルファン  ウイグル街の子供たちとカマやん(和田富夫さん)のこと_b0061717_00025180.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

【大陸横断ふたたび2001その7】トルファン  ウイグル街の子供たちとカマやん(和田富夫さん)のこと_b0061717_00032784.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

トルファン賓館前食堂の娘アーリア。撮影の翌年、この写真を携え現地に向かった後輩が目にしたのは、人手に渡った食堂と賓館でメイドとして働くお母さん。お父さんは屋台を牽いていたという。

【大陸横断ふたたび2001その7】トルファン  ウイグル街の子供たちとカマやん(和田富夫さん)のこと_b0061717_00025228.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Turpan, 2001.8)

この街で私は和田富夫さんという大阪出身の男性に出会った。和田さんは釜ヶ崎に住み、建設現場での労働を生業とするいわゆる日雇い労働者だった。後年、同氏が釜ヶ崎の人びとをコミカルに描いた漫画「カマやん」のモデルとして一部で知られる人物であり、現場仕事を引退した後は空き缶の回収で生計を立てていること、また同人誌を発行するなど精力的な活動を続けていることを知った。

トルファン賓館のドミトリーやその後再会したカシュガルで、私は和田さんから様々なお話を伺った。旅、恋、ウイグル族、労働、伝説のバックパッカー「ミドリさん」、そして西成のこと。お礼を言いたいと思い続けていつの間にか20年の月日が流れてしまったのだった。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2022-05-15 23:59 | China | Comments(0)
【大陸横断ふたたび2001その6】敦煌  砂と月
【大陸横断ふたたび2001その6】敦煌  砂と月_b0061717_00321969.jpg
Nikon NewFM2 / AiNikkor35mmF2S (Dunhuang, 2001.7)

葡萄の美酒夜光の杯…と呟きながら鳴沙山を眺めた。

敦煌の街は北京や上海とは全く異なる空気が流れていた。莫高窟へも足を伸ばしたが、不思議なことに写真すら撮っていない街角のほうが心に残っている。
歴史好きと史跡好きは違うらしい。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2022-05-14 23:59 | China | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。富士X-T4と地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
以前の記事
2023年 01月
2022年 08月
2022年 07月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Pakistan
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Spain
Ireland
UK
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(420)
(260)
(176)
(170)
(133)
(101)
(87)
(82)
(81)
(81)
(76)
(76)
(68)
(68)
(67)
(67)
(59)
(59)
(57)
(55)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真がちょっとだけ掲載されています。


図説―バンコク歴史散歩 (都市散歩シリーズ)

当ブログのバンコク散歩関連記事で最もお世話になっている参考書籍です。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
B.Godさん 滅茶苦..
by スクンビット総研 at 10:31
こんにちは。この記事の最..
by B.God at 07:22
Naozoさん ご無沙..
by スクンビット総研 at 13:11
大変ご無沙汰しています。..
by naozoom at 19:30
>ヒョウちゃん コメン..
by silkroad4263 at 10:33
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
Faith of the...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル