【大陸横断2000その31】フェズ  永遠の路地の街
 【大陸横断2000その31】フェズ  永遠の路地の街_b0061717_17480995.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


 【大陸横断2000その31】フェズ  永遠の路地の街_b0061717_17480908.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


 【大陸横断2000その31】フェズ  永遠の路地の街_b0061717_17480958.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2020-01-13 23:59 | Morocco | Comments(0)
渋谷  正月渋谷新風景
渋谷  正月渋谷新風景_b0061717_01121711.jpg
X-T3 / XC50-230mmF4.5-6.7 OIS II (Shibuya-ku, 2020.1)

今更ながらあけましておめでとうございます。
継続する意味があるのかよく分からなくなっている当ブログですが、過去の記事の管理も含め、よりよいツールが見つかるまでは続けていくつもりです。
そして今年は動画撮影・編集に挑戦するという目標も立てました。様々な制約の中で、どうにか旅心を忘れず楽しく過ごしていきたいと思います。

新年が多くの旅人に幸多き一年となりますように。

令和二年正月十二日 スクンビット総研

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2020-01-12 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Comments(0)
富士フイルムX-T3購入
富士フイルムX-T3購入_b0061717_01375826.jpg
X-T20 / XF50mmF2 R WR

X-T20(→170408記事)に続く富士フイルム機として、X-T3を購入した(12/7)。
ボディ内手ブレ補正を内蔵したX-H1と最後の最後まで悩んだが、AF性能の進化やボディサイズ、3万円のキャッシュバック等諸々を考慮した結果、X-T3に手が伸びた格好だ。
なお、私は主にX RAW STUDIOのみでRAW現像しているため、X-T20で撮影した写真を再現像する際には同機が必要となる。そのため今回は下取りには出さず、そのまま継続使用というかたちで落ち着きそうだ。(かわりに今更ながらEOS40D(→080217記事)と古いレンズを下取りに出している)

数多あるレビューブログでスペックや機能は散々紹介されているので割愛するが、X-T20から乗り換えて真っ先に感じたことを記しておきたい。

1. 大きく、アイポイントの長いファインダー

EVFを覗いたときの画面の大きさは、高級機ならではの魅力だ。また眼鏡を常用する私には、X-T3の23mmという長めのアイポイント(カメラ側接眼部から眼球までの距離)が大変ありがたい。これによりファインダーの四隅の確認が非常に楽になる。なお、X-T20のアイポイントは17.5mmであり、最新型機X-Pro3に至っては16.8mmしかない。
アイポイントは使い勝手の重要な要素なのにあまり話題に上らないように思う。往年の名機ニコンF3にノーマルモデルとは別にF3HP(ハイ・アイポイント)モデルが用意されていたことが懐かしい。

2. 外付けグリップを使わずとも良好なホールド感

X-T20は右手側の指掛かりが非常に浅く、私のように手が大きな者はどうしても指が余ってしまう。カメラを包み込む感覚で使えば問題ない、というプロの声もあるがX-T20のグリップ感はあまりにお粗末で、私は純正の外付けグリップを付けっぱなしにしていた。その点X-T3は右手側に適度なボリュームがあるため指が余りにくい。ただし、カメラを保持するのはあくまで左手であり、右手は添えるだけという基本を忘れてはならないだろう。
余談だが、このグリップ感というのは不思議なもので、X-T20とほとんどサイズが変わらないX-E3を店頭で手にとってみたところ、右手部分の形状が絶妙で、指余りはほとんど発生しなかった。工業デザインは本当に奥が深いものだなと思う。

3. ボディ側ダイヤルでのF値変更が可能

私はズームレンズをあまり使わないが、特にXF18-55mmF2.8-4 R LM OISが防湿庫の肥やしになってしまった最大の理由が、クルクルと無限にまわる絞り環の使い勝手の悪さだった。ズームリングに近すぎるため誤って回してしまう、いつの間にか勝手に回っていたといったトラブルが大変多かったのだ。
では絞り環を無効にしてボディ側コマンドダイヤルで設定すればよいではないか・・・と思うところだが、なんとX-T20ではそれができない。つまり絞り環のついたレンズであれば必ずそちらの絞り環を使わねばならない仕様なのである。ところがX-T3やX-H1では、レンズの種類に関わらずボディ側コマンドダイヤルでF値を選択することができるようになった(X-T1、T2は未確認)。これで一応持ち出す気が湧いてくるというものだ。


ボディ内手ぶれ補正が搭載されていない点を除けば、X-T3は私にとっては「全部入り」と呼べるカメラだ。上述のEOS40D購入の頃(→080217記事)から同じようなことを述べているが、結局趣味として気軽な撮影を楽しむ者にとって、よく持ち出す、持ち出したくなるカメラというのは、便利な機能や優れた性能よりも使い心地のよさ、撮っていて楽しいと思えるかといった部分で決まるように思う。
しばし富士フイルムが誇るフラッグシップ機を楽しみたい。そして来る2020年、このカメラを手に再びアジアを歩くつもりだ。

にほんブログ村 スナップ写真
タグ:
# by silkroad4263 | 2019-12-22 23:59 | カメラ・レンズ小噺 | Comments(0)
銀座  ズマロン片手にオールドレンズ写真展へ
銀座  ズマロン片手にオールドレンズ写真展へ_b0061717_22125506.jpg
X-T3 / Summaron3.5cmF3.5 (Chuo-ku, 2019.12)

本日(12/21)銀座「奥野ビル」にて開催中の友人の写真展へ。友人は半世紀以上前に作られた工業用レンズ等を改造し、素晴らしい作品を生み出している。敬意を表し、普段ほとんど使うことのないズマロンを持ち出した。

銀座  ズマロン片手にオールドレンズ写真展へ_b0061717_22430170.jpg
X-T3 / Summaron3.5cmF3.5 (Chuo-ku, 2019.12)

銀座  ズマロン片手にオールドレンズ写真展へ_b0061717_22130538.jpg
X-T3 / Summaron3.5cmF3.5 (Chuo-ku, 2019.12)

友人は元々ライカをはじめとするオールドレンズのマニアではあったが、それが一層深化している。一緒にバンコクの路地裏を撮り歩いた夜を思い出しつつ、自分は何も進歩していないなぁ…などと少し寂しく思った。

銀座  ズマロン片手にオールドレンズ写真展へ_b0061717_22131104.jpg
X-T3 / Summaron3.5cmF3.5 (Chuo-ku, 2019.12)

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2019-12-21 23:59 | Comments(0)
三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩
三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22412466.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

本日(12/8)毎度のカメラおやじが珍しく三鷹に集い、忘年会を催しました。まずは名店ハルピン(の新店舗)で昼飯を。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22413459.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

愛してやまぬ小籠包。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22415134.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

上連雀・下連雀は関東大震災の後、神田連雀町(須田町)からの避難者が多く移り住んだ町とのこと。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22471046.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

山本有三記念館に立ち寄り軽く撮影。いいね。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22421381.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

約10年ぶりに訪れた井の頭公園。近くに住んでたらしょっちゅう来てるだろうなと思う。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22433181.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Mitaka, 2019.12)

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22440121.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Musashino, 2019.12)

徒歩で吉祥寺へ。


三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22441528.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Musashino, 2019.12)

昨年同様、ハモニカ横丁の「はんなり」で乾杯。

三鷹~吉祥寺  カメラおやじ、師走の武蔵野散歩_b0061717_22442371.jpg
X-T3 / XF35mmF2 R WR (Musashino, 2019.12)

〆に「スパ吉」に寄ろうという私の意見はあえなく却下。サイゼリヤでお開きとなりました。

皆さん、本年もお世話になりました。来年もよろしく。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2019-12-08 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Comments(0)
池袋  池上一郎博士文庫聯誼會の夜2019
 池袋  池上一郎博士文庫聯誼會の夜2019_b0061717_00173409.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Toshima-ku, 2019.11)

 池袋  池上一郎博士文庫聯誼會の夜2019_b0061717_00173668.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Toshima-ku, 2019.11)

 池袋  池上一郎博士文庫聯誼會の夜2019_b0061717_00174042.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Toshima-ku, 2019.11)

 池袋  池上一郎博士文庫聯誼會の夜2019_b0061717_00174347.jpg
X-T20 / XF23mmF2 R WR (Toshima-ku, 2019.11)

昨年の記事はこちら(→181128記事)。幹事のSさん、いつもありがとうございます。そして結婚おめでとうございます。

※池上一郎博士文庫は台湾南部屏東県竹田にあるアジア最南端の日本語図書館です。
竹田 池上一郎博士文庫「亞細亞最南端の日文圖書舘」(150827記事)
屏東 池上一郎博士文庫理事長・劉耀祖さんに話を伺う(150828記事)

にほんブログ村 スナップ写真
タグ:
# by silkroad4263 | 2019-11-29 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Comments(0)
池袋  偉大なる日本の最高指導者に会いにゆく
池袋  偉大なる日本の最高指導者に会いにゆく_b0061717_20400889.jpg
iPhone6s (Toshima-ku, 2019.11)

池袋  偉大なる日本の最高指導者に会いにゆく_b0061717_20400771.jpg
iPhone6s (Toshima-ku, 2019.11)

当ブログの趣旨とは関係のない写真ですが、記念に載せておきます。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2019-11-14 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Comments(0)
【大陸横断2000その30】フェズ  墓地で出会った兄弟
【大陸横断2000その30】フェズ  墓地で出会った兄弟_b0061717_20340243.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


【大陸横断2000その30】フェズ  墓地で出会った兄弟_b0061717_20340908.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


【大陸横断2000その30】フェズ  墓地で出会った兄弟_b0061717_20335628.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


【大陸横断2000その30】フェズ  墓地で出会った兄弟_b0061717_20341356.jpg
Konica HEXAR Silver / 35mmF2, Kodak EB-2 (Fez, 2000.8)


にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2019-11-02 23:59 | Morocco | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。X-T3と地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Ireland
Spain
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(420)
(260)
(176)
(170)
(133)
(101)
(87)
(82)
(80)
(76)
(70)
(68)
(67)
(66)
(65)
(59)
(59)
(55)
(54)
(51)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真がちょっとだけ掲載されています。


図説―バンコク歴史散歩 (都市散歩シリーズ)

当ブログのバンコク散歩関連記事で最もお世話になっている参考書籍です。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
ヒョウちゃん様 コメン..
by silkroad4263 at 11:42
こんにちは。 こちらに..
by ヒョウちゃん at 23:56
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
Faith of the...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル