愛知県南知多町  漂流民・音吉の故地(正確には隣町)の手書き案内地図
愛知県南知多町  漂流民・音吉の故地(正確には隣町)の手書き案内地図_b0061717_02284154.jpg
SONY RX100M7 (Minamichita, Aichi, 2021.03)

愛知県南知多町  漂流民・音吉の故地(正確には隣町)の手書き案内地図_b0061717_02284146.jpg
SONY RX100M7 (Minamichita, Aichi, 2021.03)

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2021-04-19 23:59 | Japan | Comments(0)
愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る
愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る_b0061717_01075417.jpg
SONY RX100M7 (Mihama, Aichi, 2021.03)

音吉ほか宝順丸一行の墓参り(→210417記事)の後、内海駅まで徒歩で戻り、バスで知多半島最南端・師崎を目指した。

愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る_b0061717_01383220.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Mihama, Aichi, 2021.03)

常滑街道から伊勢湾を望む。

愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る_b0061717_01075493.jpg
SONY RX100M7 (Minamichita, Aichi, 2021.03)

缶コーヒー片手に、つぶてヶ浦で夕日を眺める。

愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る_b0061717_01450904.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

愛知県美浜町~南知多町  知多半島をぐるりと回る_b0061717_01075513.jpg
SONY RX100M7 (Minamichita, Aichi, 2021.03)

師崎の港で連絡船を見送る。スケジュールの都合上無理な話なのだが「乗ってしまおうか」という誘惑を抑えるのがつらいところ。再びバスに乗り、知多半島東側の付け根の街・河和へ。
戸塚ヨットスクールを軽く見物し、河和駅から名鉄に乗り名古屋市内に戻った。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2021-04-18 23:59 | Japan | Comments(0)
愛知県美浜町小野浦  漂流民・音吉たちの墓碑
愛知県美浜町小野浦  漂流民・音吉たちの墓碑_b0061717_00555218.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Mihama, Aichi, 2021.03)

小野浦の良参寺境内には、江戸時代の漂流民・音吉(ジョン・マシュー・オットソン)ら宝順丸一行14名の墓碑が残る。
1832年、遠州灘で遭難ののち14か月に及ぶ漂流で多くが命を落としたが、音吉、久吉、岩吉の3人は奇跡的に生き長らえ、北米大陸に上陸を果たす。満海寂圓信士が音吉(墓石では乙吉)、呑海了夢信士が久吉、嵓海波松信士が岩吉である。
なお、音吉についてはこちらの記事をご参照いただきたい。→シンガポール 江戸時代の漂流民・音吉が眠る墓地

愛知県美浜町小野浦  漂流民・音吉たちの墓碑_b0061717_00555247.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Mihama, Aichi, 2021.03)

愛知県美浜町小野浦  漂流民・音吉たちの墓碑_b0061717_00520613.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Mihama, Aichi, 2021.03)

墓石裏面に刻まれた天保3年壬辰10月11日は、宝順丸一行が鳥羽港を出た日、つまり最後に無事が確認された日を意味する。全員の遭難死を受け入れ、残された人びとは墓碑を建立したが、音吉ら3人は生きていた。しかもその数年後には目と鼻の先まで「帰ってくる」ことになる(モリソン号事件)。しかし3人が日本の土を再び踏むことはなかった。
なお、墓石では「宝須丸」とされているが、単なる誤記なのかそのような呼び名もあったのかは不明である

愛知県美浜町小野浦  漂流民・音吉たちの墓碑_b0061717_01075455.jpg
SONY RX100M7 (Mihama, Aichi, 2021.03)

小野浦の街には旧約聖書の日本語訳に貢献した3人を称え、三吉記念碑と呼ばれる碑も建てられている。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2021-04-17 23:59 | Japan | Comments(0)
内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  
内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00520472.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

3/28-29のわずか2日間ですが、愛知方面を旅してきました。
東京から東海道本線で西へ向かい豊橋で下車。豊橋から名鉄に乗り換え、知多半島最南端の駅・内海へ着いたのは正午過ぎ。青春18きっぷ+ローカル私鉄というゴールデンコンビです。

内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00520577.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

この街を訪ねたのは、江戸時代の漂流民にして日系英国人第一号とも呼ばれる音吉の墓参りをするため。なお、2019年にはシンガポールの納骨堂(→190725記事)を拝んでいます。

内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00520503.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

音吉ほか遭難した宝順丸一行の墓がある港町小野浦(現・美浜町小野浦)までは、内海駅から徒歩で40分程度。常滑街道を北上したところに位置します。

内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00520592.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00520587.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

内海  江戸時代の漂流民・音吉を訪ねて幾千里  _b0061717_00555382.jpg
X-T4 / XF35mmF2 R WR (Minamichita, Aichi, 2021.03)

なお、内海駅高架下には飲食店が複数入っていますが、オープンしていたのは「喫茶かもめ」のみ。ホットコーヒー350円、美味しゅうございました。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2021-04-12 23:59 | Japan | Comments(0)
明治神宮前  コンドマニアをコードマニアと勘違いした手書き案内地図
明治神宮前  コンドマニアをコードマニアと勘違いした手書き案内地図_b0061717_00540533.jpg
SONY RX100M7 (Shibuya-ku, 2021.3)

本日(3/17)撮影。明治通りと表参道の交差点にあった避妊具店「コンドマニア」の表記がおかしなことに。なお、隣地とともに既に更地になっています。
製造元は日本標識ガイドセンターです。

にほんブログ村 スナップ写真
# by silkroad4263 | 2021-03-17 23:59 | Tokyo(都内全駅途中下車の旅) | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。富士X-T4と地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
以前の記事
2021年 12月
2021年 10月
2021年 09月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Spain
Ireland
UK
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(420)
(260)
(176)
(170)
(133)
(101)
(87)
(82)
(81)
(76)
(75)
(74)
(68)
(68)
(66)
(66)
(59)
(59)
(56)
(55)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真がちょっとだけ掲載されています。


図説―バンコク歴史散歩 (都市散歩シリーズ)

当ブログのバンコク散歩関連記事で最もお世話になっている参考書籍です。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>ヒョウちゃん コメン..
by silkroad4263 at 10:33
お久しぶりです。 セル..
by ヒョウちゃん at 21:00
ヒョウちゃん様 コメン..
by silkroad4263 at 11:42
こんにちは。 こちらに..
by ヒョウちゃん at 23:56
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
Faith of the...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル