タグ:徳島県 ( 12 ) タグの人気記事
阿南市  城山神社、上大野城の遺構
b0061717_21335096.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Anan, Tokushima, 2018.9)

阿波仁木氏の祖・仁木高長はここに城を構えた。しかし長宗我部元親の侵攻により呆気なく落城したうえ城主は討死し、一部の者が近隣の郷に落ち延びたという。
その後、山頂に城山神社建立され今日に至る。

b0061717_2150321.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Anan, Tokushima, 2018.9)

頂上には昭和56年に建てられた立派な鳥居がみられるが、中腹の参道に位置する気を切り出してそのまま使ったかのような素朴な鳥居が心に残った。

b0061717_215121.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Anan, Tokushima, 2018.9)

権勢を誇った長宗我部氏もほどなくして家運が傾き、次代・盛親が大阪の陣の後斬首されたことで終焉の時を迎えた。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-09-22 22:00 | Japan | Comments(0)
鳴門市  板東俘虜収容所前のマルフク(とキリスト看板)
b0061717_1375757.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Naruto, Tokushima, 2018.9)

b0061717_138109.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Naruto, Tokushima, 2018.9)

道を挟んでキリスト看板もありました。

(9/16撮影)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-09-21 23:59 | Japan | Comments(0)
鳴門市  板東俘虜収容所、ドイツ兵慰霊碑とドイツ橋
b0061717_1293617.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Naruto, Tokushima, 2018.9)

坂東俘虜収容所跡には、第一次大戦で日本軍の捕虜となったドイツ兵の慰霊碑が残る。
収容所長の松江中佐は捕虜と地域住民の交流を認めたことで知られる。結果、この地で捕虜により日本で初めて「第九」が演奏されるに至った。

b0061717_1294873.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Naruto, Tokushima, 2018.9)

近隣の大麻比古神社には、祖国への帰還を前にドイツ人捕虜が建設したドイツ橋と眼鏡橋が今も残る。

b0061717_12163996.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Naruto, Tokushima, 2018.9)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-09-20 23:59 | Japan | Comments(0)
徳島市  阿波の夜
b0061717_11585148.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Tokushima, 2018.9)

b0061717_1215587.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Tokushima, 2018.9)

b0061717_11553968.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Tokushima, 2018.9)

b0061717_1159474.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Tokushima, 2018.9)

(すべて9/15撮影)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-09-19 23:59 | Japan | Comments(0)
徳島市  旅の始まりは駅から
b0061717_114527100.jpg
X-T20 / XF35mmF2 R WR (Tokushima, 2018.9)

2年ぶりに徳島を訪れた。スケジュールの都合上夜行バスを使わざるを得なかったが、駅こそ旅の基点だと思っている。
(9/15撮影)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2018-09-18 23:59 | Japan | Comments(0)
徳島~心斎橋  旅の終わりは大阪「アクリュ」
b0061717_4272773.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Tokushima-shi, Tokushima, 2016.8)

早朝、徳島を発ち、高松、岡山、相生、姫路を経て大阪を目指す。

b0061717_4121172.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Seto-ohashi Bridge, 2016.8)

往路の紀伊水道も素晴らしかったが、瀬戸大橋とて負けていない。四国は今後通うことになりそうだ。

b0061717_4291599.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Osaka-shi, Osaka, 2016.8)

旅の終わりは大阪・心斎橋。毎度のアクリュで廃盤品のハンドストラップを購入した。近くの老舗珈琲店「和蘭豆(らんず)」でパチリ。

短い夏の旅が終わった。(とはいっても18切符の旅なので、ここからさらに10時間ほどかけて帰宅)

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-08-21 23:59 | Japan | Comments(0)
小松島市  故地を見つめるマルフク
b0061717_328586.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

祖父が育った里で出会ったマルフク。小松島市櫛淵町にて。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-08-20 23:59 | Japan | Comments(0)
小松島市  古刹「法泉寺」住職に話を伺う
b0061717_2253943.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

出会った皆さんのご親切で、かつての菩提寺「法泉寺」住職に直接話を伺いつつ、過去帳を拝見することができた。
この過去帳は明治の初年に編集された、史料価値の極めて高いものだ。数百年にわたる人々の息吹が、古びた和紙を通じてじわじわと伝わってくる。
同行してくださった遠縁の男性が「ほんま、クンタ・キンテですなぁ…」と呟いた。

b0061717_22532399.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

境内には初代の墓も残る。後ろに見える石板は、長曾我部元親の阿波侵攻の際、初代の孫が城郭から背負って逃げてきたとされるもの。
子どもの頃「墓石を背負って逃げた」という逸話を聞いたことがあるが、正確ではなかったようだ。

b0061717_22533064.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

遠い先祖が築いた城は、正面の山の上にあったという。あそこから石板を担いでくるのは無理なんじゃないか…などと無粋なことを思いながらレンズを向けた。那賀川の流れがたおやかで美しい。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-08-19 23:59 | Japan | Comments(0)
小松島市  故地で出会ったナイスなネコ
b0061717_23301093.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

ガソリンスタンドにいた常連の方々の計らいで、何の苦労もなく先祖を同じくする人びととの面会を果たすことが出来た。写真のネコは私と同じ高祖父をもつ方の愛猫。通称・店長。

b0061717_23321265.jpg
EOS6D / EF35mmF2 IS USM (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

家系図や記憶をたよりに、様々な話を伺う。数百年という歴史は長いようで短く…やはりそれなりに長いのだ。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-08-18 23:59 | Japan | Comments(0)
小松島市  故地をめざす遍路道  
b0061717_0525187.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

立江(たつえ)駅近くにある立江小学校にて。

b0061717_1384567.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

めまいがするほどの日差しの中、20年以上前に他界した祖父の故郷を目指して歩く。

b0061717_1271312.jpg
EOS6D / TAMRON SP90mmF2.8 VC USD (Komatsushima-shi, Tokushima, 2016.8)

祖父もこの風景を見たんだろうな…などと思いつつ田園地帯をさらに進む。

暑さに耐えかね立ち寄ったガソリンスタンドで飲み物を買い、店のおばちゃんや常連のおじさんたちと話すなかで、なんとその場にいる全員が私の祖父を知っていることが判明した。「車に乗っけてってあげるから」とのお言葉に甘えることに。

短い旅は急展開の様相を呈してきたのだった。

にほんブログ村 スナップ写真
by silkroad4263 | 2016-08-17 23:59 | Japan | Comments(0)
< blog-top -----



旅、アジア、写真、カメラについて。東京とバンコクの路地裏が好きです。X-T20と地味な単焦点レンズを愛用中。
by スクンビット総研
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
以前の記事
2019年 03月
2018年 11月
2018年 10月
more...
検索
カテゴリ
Tokyo(都内全駅途中下車の旅)
Japan
Bangkok
Thailand
Taiwan
Vietnam
Laos
Cambodia
Malaysia
Singapore
Myanmar
Nepal
India
Sri Lanka
Korea
Turkey
USA
China
Mongolia
Russia
Poland
Hungary
Italy
France
Spain
Portugal
Morocco
ご案内
リニューアル挨拶
'06以降の帰朝報告
アジア旅のコラム
カメラ・レンズ小噺
メインサイト更新日記
過去ログ(非公開)
タグ
(421)
(260)
(176)
(166)
(133)
(102)
(87)
(82)
(79)
(76)
(67)
(66)
(64)
(63)
(62)
(59)
(59)
(54)
(50)
(48)
ご案内
Profile
History
twitter
Amazonブックレビュー
価格.comカメラレビュー
You Tube


風水がわかる本 (Esoterica Library)

わたくしスクンビット総研の写真が一枚だけ掲載されています。


図説―バンコク歴史散歩 (都市散歩シリーズ)

当ブログのバンコク散歩関連記事で最もお世話になっている参考書籍です。


画像一覧
記事ランキング
最新のコメント
>スクムビットさま お..
by スクンビット総研 at 01:29
三枚目の写真がいいですね..
by sukhumvit-asok at 12:23
>まりまり☆ついんず様 ..
by スクンビット総研 at 15:42
オッパタは『乙幡』だそう..
by まりまり☆ついんず at 11:19
>伊勢長鯨さま ご無沙..
by スクンビット総研 at 23:38
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
フォロー中のブログ
エキサイトブログ向上委員会
非天然色東京画
ゆっくりFrogライフ ...
遊牧民的人生 (アラビア...
古今東西風俗散歩(移転し...
壱+壱=
ノラ猫日記 仲良しグミータン
東京雑派  TOKYO ...
Visitors
Myanmar Eye
JAZZ名盤解体聴書
旅。 ときどき猫。
書道・アジア
だまされたっていいんだよ
上海小区照相館
Untitled Ph...
アジアの路地から
東京凸凹ラビリンス徘徊記...
= Faith of t...
Mallard's Blink
あとりえ井戸吉
片付けたくなる部屋づくり
てきぱきまむ の写真館
カツオブシャッター
portrait & s...
羊の宇宙
s o r a m a ...
また、だまされたっていいんだよ
外部リンク
ブログジャンル